HUMANOID
 ユマノイド




またの名を"中界"や"人間界"。その名前のとおり、人間が暮らす世界。オリエントな文化を誇る東の国、オクシンデントな文化を誇る西の国、 冬が訪れない南の国、夏が訪れない北の国、と四つの国が存在する。

オステン
または"東の国"。
着物や刀が名物。
ヴェステン
または"西の国"。
街並みが美しい。
スーデン
または"南の国"。
冬が訪れない。
ノルデン
または"北の国"。
夏が訪れない。



Summon  
~サーモン~

東の国では"召喚士(しょうかんし)"と言われている。エンティティ(存在)を召喚する者のこと。円陣を描いて呼び出す。円陣が記される場所は人によって様々(例:音無→髪の毛、クロス→サーモンブック)。現在では、政治の許可なく、エンティティとの契約を結ぶ行為は違法となっている為、召喚士によっては懸賞金がかけられている。


Entity ~エンティティ~
または"召喚体(しょうかんたい)"。異界に存在する"生命体"のこと。召喚士と契約を組み、主の命令に従う。人間が魔族と契約を結ぶことはあるが、神族が人間と結んだ例はほとんどない。
なお、"Cadaver(カダヴァー)"または"死人(しにうど)"というエンティティが実在するが、こちらはクロスのみが召喚することのできる禁断の召喚術。


Summon Circle ~サーモンサークル~
または"魔法陣(まほうじん)"、”円陣”、"魔陣"など。異界と人界を区切る空間のことで、エンティティを召喚するために必要不可欠な図形。元は、神族たちが別国へ移動するために使っていたもの。


Summon Object ~サーモンオブジェ~
または"召喚器具(しょうかんきぐ)"。サーモンサークルが記されている器具(オブジェ)のことで、コンバットたちがよく使っているもの。拷問器具もこちらの一種。


召喚タイプ

地上タイプ
大きな生物・器具などを召喚するとき、魔法陣が地面に描かれるタイプ。平らな場所ならどこでも召喚可能(壁など)。円陣の図形がきれいに描かれないと発動しないため、水上やでこぼこした地面では魔法が無効になる。 古典的な方法だが、地面に直接、魔法陣を描かなければならないため、時間のロスが生じる(※例: トーチャーアパラタス)。

空中タイプ
飛行生物・小型の武器などを召喚するとき、宙に描かれる魔法陣。時間の消費を避けるため、身体エネルギーを使って即座に召喚できる新しい手法。体の一部による合図で、瞬時に魔法陣が描かれる(※例:音色のクナイ)

特殊タイプ
体外・体内から召喚される特殊な召喚方法。主にアーマードが当てはまる(※例: シンのアイアン・メイデン、デスの鎌など)。音無のように髪の毛から銃を召喚できるのは、世界でもごく稀。


エネルギー
"何か"を操るため、または召喚魔術を行うために使われる力。尚、この力は身体と連係しているため、使うと体力が消耗する(コンバットたちの場合、小さなものを召喚するのであまり体力を消費しないのがメリット)。

身エネ
身体エネルギーのこと。体の合図によって魔法陣が描かれたり、物を操ることができる(※例: 音色のクナイは、彼女が自身の5本の指先をのけぞらせることによって魔法陣が描かれる。また、そのまま5cm移動させると複数のクナイを召喚することができる)。

精エネ
精神エネルギーのこと。心の言葉によって発動する。直接、口にしても発動する(※例: クロスがブックのページに向かって声をかけると、エンティティが召喚される)。





Human  
~ヒューマン~

ユマノイドで生まれ育った種族を指す。


Anormal ~アブノーマル~
または"異邦人間"。異生物と人間の間に生まれた、あくまで"人間に近い者"のことを差す。はるか昔、(一部の)異生物と人間が交わることできると分かった為、このような種族が生まれた。また、一族に伝わる秘伝や、生まれつき異様な能力を持つ人間のこと。(例:トランス、エネ、モク)


Armado ~アーマード~
または"武器人間"。"体内"に武器を仕込んでいる人間。近代的な召喚方法となっている。(例:デス、シン)





Punishment
~パニシュメント~

刑罰所を指す。罪人に処罰を執行している所。"拷問部"や"処刑部"などの部隊を下に持っている。昔の大惨事をきっかけに、大幅に部隊が結成された。洋国では東西南北それぞれ各地に刑罰所が建されている。刑罰を行う者を"執行人(パニッシャー)"と呼ぶ。

高罪者
高級犯罪者。ランクの高い罪人のこと。(例:ヴァイルス)

低罪者
低級犯罪者。ランクの低い罪人のこと。(例:盗賊)



Svart Punishment ~スヴァルト刑罰所~
西の国にある刑罰所。"召喚器具"を扱えるのはこの所のみ。

トーメンター
拷問部。低罪には暴行・鞭打ち・火頂・水責めなどで済まされるが、高罪には拷問のスペシャリストが執行人となる。主に、相手を痛めつけること、"生かさず殺さず"という行為を役目とし、殺害は禁止されている。犯罪者を殺した場合、拷問官本人が処刑されることとなっている。

■ トーチャーアパラタス
拷問具。元々は中世などにも扱われていたが、現代に至って器具は進化し、魔法円によって召喚が可能となっており、戦闘にも向いている。これはガバメントが直々に発明した召喚システムで、一定の者にしか呼び出すことができない。器具が進化した理由としては、元・スヴァルト刑罰所の長が、「戦闘にも活かせないか」と考案していたため。

■ 世界三大拷問器具
アイアン・メイデン、ユダの揺り籠、ファラリスの雄牛のこと。現代的なこの拷問器具は、ガバメントによって開発された魔法円によって召喚できる非常に珍しい器具。生き物ではないので、「契約」という意識がないため、使用人の身体の一部とリンクさせることによって操作する。


エクスキューショナー
処刑部。長ったらしいので属に「EX(エックス)」と省略されている。拷問部とは違い、こちらはただ「一瞬の殺し」を学んでいる。高ランクでは「斬首刑・銃殺刑・絞首刑」が存在し、その他にも「ガス殺刑・電気処刑」などがいる。戦うことも加減することも知らず、器具の使い方だけを学んでいる。


コンバット
戦闘機械。主に、高罪者の連行・魔法陣回収を役目とし、様々な状況で瞬時に対応できるよう、スパイや処刑人などが入り混じっている。拷問部や処刑部とは違って、"生かすことも殺すことも"許されている。厳しい鍛錬を乗り越え、"地獄"から這い上がった者にしか与えられない名称。不死身の身体を手に入れるが、その分、リスクが高く、現在どの刑罰所でも数が減少している。


メディカルエイド
医療部。様々な階級に区別されている。S級医療部はコンバット専属の部。コンバットがより長く、健康的に戦えるよう、体内を活性化させ不死身の体に仕上げ、寿命を延ばし、若さを長く保つための医療術を叩き込んだ。コンバットのいずれかが瀕死状態に至り、手足を切断されたりなど、一般の医療では治癒不可能な状態を起死回生させることができる革命的医療技術を身に付けている医師達の集い。


インフォビューロー
情報部。別名、調査団。学者の集いで、スパイ活動を常に行い、情報収集している者達。政府やコンバットの要求を受け入れては、外に出て世界中を旅して、国や地域、文化や風習、犯罪者などの情報を、町人から聞いたりして、記録している。


プリズナー
獄囚人。特定の理由で処刑まで至らなかった場合のみ、刑罰所の地下に監禁される者のことを差すが、低罪人は刑務所へ送られる。(例:アルマ、ロバーツ)特定の理由で処刑される予定のある獄囚人のことを"死刑囚"と呼ぶ。


オーファナージ
孤児。一般の養護施設ではなく、特定の理由で刑罰所にて保護されている者たちのことを差す。(例:トランス兄弟、エネ) 


ディスポーサー
処理班。戦闘員や処刑人などに荒らされた現場を処理・証拠隠滅などを仕事としている。時には任務で彼らをサポート。万が一のために、ある程度の戦闘技術は修得している。


ファインダー
捜索部。行方不明の人物や遺体を探索する部隊。あくまで"人間"だけを模索する。


ガードマン
監守。刑罰所の至るところや、監獄で罪人の見張りをしている。








INFERNO
 インフェルノ




別名「下界」、「地獄」、「奈落」。人界の下に位置し、「悪」と「死」を司る魔族の住処。死神を始めとし、悪魔、悪霊、妖怪などが存在している。
魔族の階級

■ Darkness (ダークネス)
インフェルノの死神。正体は魔女。5対10枚の漆黒に輝く翼を持ち、2つで頭を、2つで体を隠し、残り4つの翼ではばたく。

■ Emperor (エンペラー)
または"皇帝"。上級悪魔。「傲慢」を司る。4対8枚の紫色の翼を持つ。

■ Prince (プリンス)
または"王"。上級悪魔。「憤怒」を司る。4対8枚の赤いの翼を持つ。

■ Duke (デュケ)
または"公爵"。中上級悪魔。「嫉妬」を司る。3対6枚の紫色の翼を持つ。

■ Markess (マーケス)
または"侯爵"。中上級悪魔。「怠惰」を司る。3対6枚の緑色の翼を持つ。

■ Count (コンデ)
または"伯爵"。中級悪魔。「強欲」を司る。2対4枚の青い翼を持つ。

■ Viscount (ビスコンデ)
または”子爵”。中級悪魔。「暴食」を司る。2対4枚の赤い翼を持つ。

■ Baron (バロン)
または"男爵"。下級悪魔。「色欲」を司る。1対2枚の黒い大きな翼を持つ。

■ Devil (デビル)
下級悪魔。1対2枚の黒い小さな翼を持つか、魔法で飛ぶことができる。人型の♂がまれにいる(吸血鬼・インキュバスなど)。ザクリレッジ、ヴェンジャンスなどがいる。

■ Demon (デーモン)
魔物。「下級」にも値されない雑魚たち。翼も魔法も与えられず、飛ぶことが許されていない。すべてが♂で、上のものに毎日コキ使われて、生涯、奴隷として生きていかなければならない。





PARAISO
 パライソ




別名「上界」、「天国」、「楽園」。人界の上に位置し、「正義」・「生」を司る神族の住処。神を始めとし、天使、精霊、妖精などが存在している。美徳を犯した者は追放される。ほとんどが男で、女の数は少ない。

ジャンヴィエ
"光の国"。新年を祝う行事で有名。
フェヴリエ
"お菓子の国"。恋人の日を祝う。
マルス
"植物の国"。春を祝う行事で有名。
アヴリル
"生物の国"。生誕と復活を祝う。
マージョ
"玩具の国"。憲法記念日を祝う。
ジュアン
"砂の国"。年に一度、大雨が降る。
ジュイエ
"海の国"。夏を祝う行事で有名。
オーグスト
"星の国"。星夜祭が有名。
セプタンブル
"虫の国"。秋を祝う行事で有名。
オクトーブル
"魔の国"。ハロウィンを祝う。
ノヴァンブル
"天の国"。天使に感謝をする季節。
デッサンブル
"雪の国"。クリスマスを祝う。





神族の階級

■Deity (ディアティ)
パライソの「神」と呼ばれている。インフェルノとユマノイドを創造した張本人。5対10枚の金・銀・銅の翼を持つ。

■Seraphim (セラフィム)
または"熾天使(してんし)"。上級天使。「忠義」を司る。4対8枚の赤い翼を持ち、2つで頭を、2つで体を隠し、残り4つの翼ではばたく。神への愛と情熱で体が燃えている。

■Cherubim (ケルビム)
または"智天使(ちてんし)"。上級天使。「慈悲」を司る。4対8枚の茶色い翼を持つ。

■Thrones (スローンズ)
または"座天使(ざてんし)"。上中級天使。「忍耐」を司る。3対6枚の青い翼を持つ。

■Dominion (ドミニオン)
または"主天使(しゅてんし)"。上中級天使。「勤勉」を司る。3対6枚の緑の翼を持つ。

■Virtud (ヴァルトゥード)
または"力天使(りきてんし)。中上級天使。「救じゅつ」を司る。2対4枚の黄色い翼を持つ。

■Principarity (プリンシパリティ)
または"能天使(のうてんし)"。中上級天使。「節制」を司る。2対4枚の桃色の翼を持つ。

■Archangel (アークエンゲル)
または"大天使(だいてんし)"。中級の天使。1対2枚の白くて大きな翼を持つ。ベネフィセンス・フェアネスなどがいる。

■Angelus (アンゲロス)
一般天使。1対2枚の白くて小さな翼を持つ。天使は神のお告げを伝える伝令としての役目を負っている。